契約終了時の法律に関する悩み一覧

契約終了時の法律に関する悩み一覧

賃借人に債務不履行が発生、すぐに解除できないか?

 賃貸借契約は信頼関係を基礎とする継続契約である以上、賃料不払いを理由とした無催告解除が認められる場合があります。ただし無催告特約を付けておくことが一般的です。

契約終了時
 

債務不履行解除をしたが、賃借人が任意で退去しない

 賃料を滞納する賃借人がいる場合は訴訟を行い強制執行を行いましょう。賃料不払いを理由とした解除の手続についての手続きには時間と相当の費用がかかることがあります。

契約終了時
 

明渡しの裁判をやっている最中に、占有者が変わってしまった

 賃貸借契約解除を行い、勝訴判決を得たにも関わらず、訴訟中に建物の占有が第三者に移転してしまった場合、強制執行ができません。占有移転禁止の仮処分を検討しましょう。

契約終了時
 

債務不履行の場合に賃借人から遅延損害金を取れないか

 建物賃貸借契約において、利回りの維持のためには遅延損害金の設定は欠かせません。とはいえ、遅延損害金の利率をできる限り高く設定することにはリスクもあります。

契約終了時
 

通常損耗についても賃借人の負担と出来ないか?

 建物賃貸借契約において、通常損耗についても賃借人の負担とすることができるのでしょうか?通常損耗補修特約の締結も含め、検討すべきでしょう。

契約終了時
 

敷金の一部を償却できないか?

 敷引き特約については、民法に規定があるわけでなく、当事者間の合意で発生します。敷引き特約には消費者契約法が適用されることから、敷引きの額により裁判所の判断は異なります。

契約終了時