契約締結時の法律に関する悩み一覧

契約締結時の法律に関する悩み一覧

賃料収入を確保するために

 賃料収入を確実に確保するために、連帯保証を定める場合、契約書において、極度額を設定する必要があります。また、賃借人の表明保証の書面を作成しておきましょう。

契約締結時

契約の更新や資料の設定でイニシアチブを持ちたい

 契約更新の際、テナントリスクを回避し、賃料交渉を調整するために定期借家契約を活用すると、契約で定めた期間が満了後、更新されることなく、確定的に賃貸借契約が終了します。

契約締結時

空室を気にせずに賃料を確保したい

 定期的な賃料収入を得るために、サブリースをうまく活用しましょう。サブリースを活用することにより確実な家賃が保証されますが、リスクもあるので注意が必要です。

契約締結時

反社との契約を避けたい

 反社会的勢力との契約を回避するために、契約書に、反社会的勢力を排除する条項を定めておき、違反した場合には即時に賃貸借契約を解除できるようにしておく工夫が必要です。

契約締結時

外国人にも貸しだして賃料を上げたい

 外国人を入居させる場合、入居審査に必要事項を確認する必要があります。また、契約内容等は事前説明を十分に行い、契約書の外国語翻訳を申込者に参照させながら説明しましょう。

契約締結時

ペット可として賃料を上げたい

 ペット飼育を許可することで、物件の競争力が上がり、賃料を上げやすくなります。ペット飼育を許可する場合、特別な規定を定め、リスク回避条項を盛り込んでおくことをお勧めします。

契約締結時

心理的瑕疵発生時にどの程度まで告知すべきか?

 入居者の自殺など、物件内で事故が起こった場合、告知義務が発生します。この、心理的に住みたくない場合を心理的瑕疵といい、告知しなかった場合は、損害賠償請求をされることもあります。

契約締結時