契約途中の法律に関する悩み一覧

契約途中の法律に関する悩み一覧

賃借人の中途解約を阻止できるか?

 契約満了前に解約する場合、違約金特約を定めることが有効です。ただし、解約の自由との兼ね合いから、あまりに高額の違約金請求は、特約が無効となる場合もあります。

契約途中

賃料を増額したい

 賃料を増額し利回りを高くしたいと考える場合、賃貸借契約上において、自動増額条項を設定することが可能ですが、社会的相当性や妥当性がなければ無効と判断される場合もあります。

契約途中

賃料を自動で増額したい

 賃料増額のためには、特約で増額を定めることや、借地借家法32条による賃料増額請求を行う必要があります。自動増額特約自体も有効ですが、値上げの根拠をきちんと説明する必要があります。

契約途中

近隣トラブルを予防したい

 迷惑行為を行う賃借人に対しては、用法遵守義務の中身をある程度具体的に提示する必要があります。また、迷惑行為者に対し、賃貸人として毅然とした対応をとることが求められます。

契約途中

修繕費の負担や修繕義務を賃借人に転嫁したい

 賃貸人が修繕費を負担する特約を定めることができます。ただし、賃貸人が修繕義務を負わない範囲を明確にしておいたり、修繕費が過大にならないように工夫をしておきましょう。

契約途中

災害時も賃料を維持したい

 天変地異など賃貸人に帰責性のない状態が生じた場合、あらかじめ賃料減額がない場合を定め、賃借人からの損害賠償の範囲を限定しておくことが有効です。

契約途中